TOP > 会社案内 > 会社概要・沿革
会社案内

会社概要

社 名 株式会社ハウスボックス
住 所 〒144-0035  東京都大田区南蒲田1-25-11
TEL:03-3737-1421(代) FAX: 03-3739-7519
代表取締役 大槻 慎二
創 立 1984年2月27日
資本金 4,250万円
売上高 61,411万円(2015年9月期)
従業員 35名(2015年9月現在)
事業内容 建材・家具等の補修材及びメンテナンス剤の卸売業、リペアスクールの開催
関連会社 株式会社 バーンホールディングス株式会社 バーンリペア株式会社 スペック
株式会社 ア・フィックレイオンコンサルティング 株式会社

■主要取引先
積水ハウス(株)
セキスイハイムサプライ(株)
(株)東急ハンズ
(株)LIXIL
住友林業クレスト(株)
パナソニック(株)
凸版印刷(株)
DNP住空間マテリアル販売(株)
(株)ハンディ・クラウン
(株)ウオチ産業
(株)ウッドワン
ジャパン建材(株)
(株)ライトアップ ショッピングクラブ
大建工業(株)
(株)一条工務店
アイカ工業(株)
(株)パル
大谷塗料(株)
玄々化学工業(株)
(順不同)


 

沿革

1984年2月 東陽クラフト(株)より輸入部門を分割し、(株)東陽トレーディングを設立。以来歴史ある欧米の建材及び家具の補修材を我が国において最初に輸入販売に携わることをベースに環境対応メンテナンス剤の輸入販売などを手掛ける。
1986年 世界シェアNo.1の住宅・家具用補修材メーカー・アメリカ・モホーク社との取引を開始、日本国内家具メーカー、小売店、塗料メーカーなどに販売を開始する。
1988年 モホーク社と独占販売契約を締結、日本の総代理店となる。
1990年 住宅業界向けに補修材をリニューアル。住宅業界への補修材販売が大幅増加。
1995年 住宅業界、家具業界、プロ補修業者向けのリペアスクールを本格開始、好評を得る。
2002年 ドイツの補修材メーカー・ケーニッヒ社との取引を開始 、補修材のラインナップを更に充実させる。
2003年 ドイツ・ドクターシュッツ社、デンマーク・イメクスポ社、イタリア・フェニチ社との取引を開始、レザー製品用補修材・メンテナンス剤やホームファッションアイテムなど一般消費者向け商品の取扱を開始する。
2005年10月 株式会社東陽トレーディングと株式会社ニッケン・商品部は統合し、株式会社ハウスボックスに変更。
2006年2月 リペア市場において、初のF☆☆☆☆取得の環境配慮型・艶調整用スプレー「エコスター」を商品化
2008年9月 住宅引渡し時のお施主様へのプレゼント用[お手入れキット]の供給数量(2008年9月期)が48,000キットを突破する。
2009年10月 住宅市場・家具市場・自動車市場向けに運営している「リペアスクール」の総受講者数が10,000人を突破する。
2010年10月 営業」「物流」「製造・生産」拠点の充実及び集約によるサービス向上、
「スクール講習室」の設備と環境の向上の為、大田区南蒲田へ移転
2012年1月 第3回大田区ビジネスプランコンテストにて、ナムコ賞を受賞
2013年 主力既存仕入先、モホーク社、ケーニッヒ社との関係強化、また新規にアメリカ・ラストオリウム社との取引を開始し、「プロ補修業者」「リフォーム店・工務店」「塗装・防水業者」「清掃・クリーニング業者」「自動車整備業者」向けの商品ラインナップを強化する