TOP > ウッド(木質建材・家具) > セミプロの方 ウッド

セミプロの方 ウッド

「リペア商品への需要は感じている。」「リペア商品を時間やコストの節減に活かしたい。」と考えている、住宅業界・家具業界の方は多数存在します。ただし、このような方たちは、リペア商品を必要とし、活用したいと思ってはいても、月間に数回程度の活用頻度では、「リペア商品購入に大きな予算は割けない。」「リペア技術習得に大きな予算や時間は割けない。」のが現状です。ハウスボックスでは、上記のようなセミプロの法人・個人の方たちのために、多種多様な商品・サービスを用意しております。

 

リペア作業工程で、最も難しい工程は【色合わせ】です。ハウスボックスでは、簡易的に使用できるクレヨンタイプ、マーカータイプなどのリペア商品には、【主要な建材メーカー】【主要なシートメーカー】の建材やシート柄に対応したリペア商品をリスト化しております。リペアしたい建材の色にあったリペア商品を事前に用意する事で、より簡易的に、誰でもリペア作業が可能になります。

建材メーカー対応リペア商品の詳細はこちら

シートメーカー対応リペア商品の詳細はこちら

 

■塗装建材や家具対応の色落ちリペア用マーカーの詳細
塗装建材・家具には木目を完全に塗装で埋めずに、天然目の木目を生かした材が多いです。
又、日本の家具はウレタン塗装(耐久性・耐薬品性に優れているが、リペアが困難)が主流です。
このような塗装建材・家具の色落ちには、『きれいに、早く、簡単に』リペアできる、染料混入タイプのマーカーがお奨めです。


顔料と染料の違い
顔料(Ecoタッチアップマーカー
・フェラーエックス等)
染料(ウルトラマーク・カラーティンク等)
不透明で隠ぺい力があるのが特徴です。下地の色を塗りつぶす事ができるので、剥がれキズのリペアに向いています。塗り重ねる事によって、より隠ぺい力が高まります。
《主な使用用途》
家具・建具等の小口の塗装、化粧シートが剥がれてしまい基材が見えているキズの着色に使用します。
透明で鮮やかな色合いが特徴です。下地の色をいかす事ができ、特にごく浅い擦りキズの着色に向いています。重ね塗りする事によって、微妙な色合いを表現する事ができます。
《主な使用用途》
塗装仕上げがされている家具・建具等の極浅い擦れキズや色落ち等をうっすらと染色し、周囲の色と馴染ませる着色補修に使用します。


塗装建材・家具に適したリペア商品
ウルトラマークⅡ
ウルトラマーク
●染料50% 顔料50%/油性
●全21色
染料・顔料混合タイプの着色マーカーは、他社製品にもない商品です。
顔料の隠ぺい力の高さ、染料の透明感の高さと色の鮮やかさ、両方の機能を兼ね備えています。
樹脂成分が入っていますので、ウレタン仕上げ、クリアコーティング部分の暑い家具・建具の着色補修にお奨めです。
プロマークⅡ
プロマークⅡ
●染料/油性
●全20色
耐候性(耐紫外線)が高く、紫外線が原因の【色あせ】が起こりません。
速乾性で、着色数分後には、擦ったり、ポリッシュを使用しても色落ちしません。
ほとんどの建材・家具の仕上げに対して高い密着性を持っています。
他社商品のほとんどは、染料含有量約10cc前後に対して、プロマークⅡは16cc含有しています。

塗装建材や家具対応の色落ちリペア作業

1.着色作業
着色作業

キズ部分に直接着色するか、トレースクロス(コットン布)やウェス等に塗料を少量染込ませます。

2.着色作業(2)
着色作業(2)

木目に沿って少しずつ擦り込んでいきます。

3.仕上げ
仕上げ

ユニソフトなどで軽くこすりながら着色した箇所をぼかします。艶調整が必要な場合は、最後に艶調整を行ってください。




 

更に、ハウスボックスでは、住宅用化粧シートで業界をリードする、凸版印刷(株)の監修を受けた、簡易リペアキット【ハウスリペアキット】を用意しております。凸版印刷(株)の101シリーズをはじめとする住宅業界で使用される人気の建材色が簡易的に作成する事ができる、ソフトワックスタイプのリペア商品のキットです。

 

尚、簡易的にリペア商品の使用方法や作業方法を学びたい方にも、ハウスボックスは様々なサービスを用意しております。ホットナイフやハードスティックタイプのリペア商品を活用した作業を簡易的に学びたい方には、リペア作業の動画配信や簡易的なリペアスクールを提供しております。

リペア作業動画
リペア&メンテナンスマニュアル
リペアスクール
リペアスクールの詳細